交通事故でむち打ちになった場合 賠償金どのくらい支払われるもの?

 交通事故でむちうちになった場合の慰謝料には、ハッキリとした金額はありません。症状は一人一人によって違いますし、精神的な苦痛、経済的な損失など、全て被害者によって差があります。ですから、交通事故でむちうちになった場合、これだけの金額がもらえるとは決まっていません。

 しかし、目安となる慰謝料は決められているので、ある程度の金額なら参考になる情報はあります。自賠責基準の場合、実通院日数の2倍、もしくは治療期間、どちらか少ない方に4,200円をかけた金額が慰謝料の基準です。ただし、自賠責基準は賠償額が120万円を超えない場合で、それ以上は任意保険の基準で慰謝料は計算します。任意保険の基準は、入院期間と通院期間で計算しなければいけません。また、任意保険だけでなく、裁判所に申し立て慰謝料を請求することも可能です。ですが、裁判所に申し立てる場合は弁護士に依頼して、請求する慰謝料の根拠を示さなければいけません。

このように交通事故でむちうちになった場合の慰謝料は、様々な基準を元に計算されています。そのため、素人には分かりにくく、加害者や保険会社との交渉では不利な立場に立たされがちです。交渉で不利な立場に立たされると、賠償額を少しでも減らしたい加害者や保険会社の要求を受け入れがちで、慰謝料の金額も少なくなりかねません。そこで被害者が加害者や保険会社と交渉するときには、交通事故問題に強い弁護士に依頼するのが一番です。弁護士に依頼をすれば、それぞれの基準に加え、数字では表わしにくい精神的な苦痛なども考慮しながら、適正な金額を算出してくれます。交渉にも慣れている弁護士なら、加害者や保険会社の要求を素直に受け入れることはありません。有利な立場で交渉を進め、納得できる賠償額を受け取ることができます。交通事故交渉に強い弁護士は、医療機関で紹介してもらったり、保険の特約を使い無料で依頼できるので、加害者になったときは頼りましょう。