交通事故で被害者になってしまうと、いろいろな損害があります。まず第一に身体面のケガがあり、入院や通院をして治療する必要があります。ケガにより仕事を休むことになって収入が減少したり、車など持ち物の損害も多大です。また忘れてならないのが、身体とともに精神的なダメージです。
日本の法律では、交通事故の被害者に加害者に対して損害賠償を請求する権利を認めています。実際に相手に請求する賠償金の額や内容については、加害者サイドとの話し合いである示談交渉で決定されます。示談交渉は交通事故の当事者同士の話し合いの場なのですが、実際の交渉は被害者対相手の保険会社とで進められます。これは、ほとんどの自動車任意保険に加害者になってしまった時に備えた示談交渉代行サービスが付加されていて加害者はこのサービスを使い保険会社に味方についてもらうからです。
加害者側の保険会社の立場を考えると、加害者から被害者への賠償金を実際に支払う立場です。そのため、賠償金の額はできる限り抑えたいところとといえます。相手の保険会社から賠償金額を提示されたら、それが安く見積もられている可能性もあるので内容を見極めることが大切です。しかし、被害者に知識がないと、相手から示された賠償金額を見極めたり正当な金額で交渉し直すのは困難です。
交通事故で適正な賠償金を受け取るためには、交通事故問題に強い弁護士に相談して示談交渉のサポートを受けたり交渉の代行を依頼するのが最善の方法です。交通事故弁護士は被害者の味方という立場で示談交渉を代行してくれるので、弁護士に依頼することで相手から提示された賠償金に不当な部分があれば正当な金額での再交渉により引き上げが可能です。
特に金額に幅が出やすいのは計算基準が複数ある慰謝料ですが、弁護士に依頼することで最も高額に算定される弁護士基準で交渉してもらえるので慰謝料額の引き上げが可能です。