Author: o57gbdgr7gfoew8gherg

交通事故の適正な損害賠償金をも足りたい場合

交通事故で被害者になってしまうと、いろいろな損害があります。まず第一に身体面のケガがあり、入院や通院をして治療する必要があります。ケガにより仕事を休むことになって収入が減少したり、車など持ち物の損害も多大です。また忘れてならないのが、身体とともに精神的なダメージです。 日本の法律では、交通事故の被害者に加害者に対して損害賠償を請求する権利を認めています。実際に相手に請求する賠償金の額や内容については、加害者サイドとの話し合いである示談交渉で決定されます。示談交渉は交通事故の当事者同士の話し合いの場なのですが、実際の交渉は被害者対相手の保険会社とで進められます。これは、ほとんどの自動車任意保険に加害者になってしまった時に備えた示談交渉代行サービスが付加されていて加害者はこのサービスを使い保険会社に味方についてもらうからです。 加害者側の保険会社の立場を考えると、加害者から被害者への賠償金を実際に支払う立場です。そのため、賠償金の額はできる限り抑えたいところとといえます。相手の保険会社から賠償金額を提示されたら、それが安く見積もられている可能性もあるので内容を見極めることが大切です。しかし、被害者に知識がないと、相手から示された賠償金額を見極めたり正当な金額で交渉し直すのは困難です。 交通事故で適正な賠償金を受け取るためには、交通事故問題に強い弁護士に相談して示談交渉のサポートを受けたり交渉の代行を依頼するのが最善の方法です。交通事故弁護士は被害者の味方という立場で示談交渉を代行してくれるので、弁護士に依頼することで相手から提示された賠償金に不当な部分があれば正当な金額での再交渉により引き上げが可能です。 特に金額に幅が出やすいのは計算基準が複数ある慰謝料ですが、弁護士に依頼することで最も高額に算定される弁護士基準で交渉してもらえるので慰謝料額の引き上げが可能です。

Read More

ブレーキ・アクセルの踏み間違えは実は若者も多かった

車の運転事故でブレーキとアクセルの踏み間違えの割合は、依然として高い傾向にあります。イメージとしては、高年齢者の踏み間違えが多く実際にニュースなどで取り上げられるのも高年齢者が多いですが、実は高年齢者だけでなく若い世代にもブレーキとアクセルの踏み間違えの事故は多いのです。特に24歳以下の事故も多くありますが、あまりクローズアップされていないのが現状です。24歳以下の若者の場合は、自動車免許を取得して経験なども少ないです。特に高年齢者と比較するとスピードの出し過ぎに原因があり、脇道から車や自転車が急に飛び出して来た時に急ブレーキをかけたつもりがアクセルを踏んで更に加速する場合があります。人間の脳内には危険回避のために、危険を感じたらブレーキを強く踏むという意識がインプットされており、高年齢者と比較するとブレーキを踏むタイミングも早いのです。ところが、ブレーキを踏んだつもりが実際にはアクセルを踏んでいるため、更に加速し脳内がパニックになり大きな事故に繋がります。更に同じ車でも軽自動車の場合は、アクセルとブレーキの間隔が普通車よりも狭いため、ブレーキと一緒にアクセルを踏む確率も高いです。靴などもヒールが髙かったり靴そのものが長いと踵でアクセルを踏む恐れもあります。止まらない車に対して更に焦りが生じでアクセルを強く踏む場合もあります。その他には、プロのレーシングドライバーがよくやりますが、左右の足でブレーキとアクセルを踏む技術があります。それを公道で真似る若者もいるため、実際に危険回避をできずに事故を起こす方がいます。ブレーキとアクセルの踏み間違えの事故のデータでも70~80代が10~17%前後に対して20代は20%を超えています。

Read More

未成年者が盗んで運転していた車との事故

事故を起こさないように注意して運転をしていても、事故に巻き込まれる可能性は誰にでもあります。運転免許を取得して車を運転をするときは、万が一の事故のために法律で自賠責保険の加入が義務になっています。加入しなければ法律によって罰せられることになっています。そして自賠責保険の他に、多くの人が任意保険に加入しているため、事故を起こしたり巻き込まれたりしても、被害者にも加害者にも救済措置があるので安心だといえます。しかし未成年が車を盗んで運転し、その車に事故に巻き込まれたときは損害賠償が受けられるのかどうか不安になります。未成年であっても運転免許を取得して自賠責保険に加入していれば、自賠責保険の範囲内で損害賠償を受けることができます。ただ任意保険に加入していても、盗んだ車で事故を起こしたときは損害賠償適用外になります。また、未成年であり、さらに運転免許も持たずに運転して事故を起こしたときは、当然ながら自賠責保険にも人気保険にも加入していませんから、損害賠償を請求することはできません。しかしそんな理不尽な事になると納得できないのは当然ですから、その救済方法として政府により保障事業が行われています。自賠責により損害補償ができない場合は、政府が行う保障事業によって、自賠責に加入していたときに支払われるはずだった金額を上限として損害賠償を請求することができます。そのため相手が自賠責に未加入だった場合でも、何の落ち度もない被害者の場合は、損害賠償を請求することができるといえます。また、被害にあったことで損害賠償を請求したいときがありますが、事故をおこした未成年に支払い能力がない場合、弁護士と相談して未成年の保護者を相手に訴える方法もあります。車の事故による被害は、車が壊れただけでなく心身に深い影響を及ぼすことが多いため、長い治療を行わなければならないことがあります。通院や治療費などにかかる経済的な負担も損害賠償で請求することができます。

Read More